what's-webコンサルティング


バナー広告

バナー広告は、よく目にする一般的なインターネットの広告です。
多くのバナー広告は、長方形の画像で出来ていてGIFやフラッシュを用いられ、ウェブサイトやメールマガジンなどの広告枠に固定または、ローテーションでの露出方法で、掲載されているのです。
広告の形や大きさは、1996年12月に標準化され一般的なサイズが「左右468ピクセル×天地60ピクセル」になり2001年2月にさらに7種類追加されたのです。
インターネット広告推進協議会による推奨規格サイズは下記の通りです。
バナー広告
スモールバナー 224×33 10KB・レギュラーバナー 468×60 20KB・ラージバナー 728×90 30KB
バッジ広告
スモールバッジ 120×60 10KB・レギュラーバッジ 120×90 15KB・ラージバッジ 125×125 20KB
レクタングル広告
スモールレクタングル 200×200 30KB・レギュラーレクタングル 300×250 40KB・ラージレクタングル 336×280 50KB
スカイスクレーパー広告
レギュラースカイスクレーパー 120×600 30KB・ワイドスカイスクレーパー 160×600 40KB・ラージスカイスクレーパー 148×800 50KB
バナー広告は容量やサイズが大きいほど強いインパクトがあります。より広告効果を高めるためには、掲載位置の場所が重要になってきます。
視線を追跡する調査をした教授によると、ウェブサイトの上部位置や左側の位置の広告,コンテンツから極端に距離が離れていない広告が注目されやすいということなのです。
料金は、期間保証が多く一度貼る位置を誤ると、赤字になるので注意が必要です。


 

 

インターネット広告

 

Contact information

おすすめサイト