what's-webコンサルティング


インターネット広告

インターネット広告にはいろいろな種類があります。その種類は、 ウェブページに掲載される広告は、バナー広告・テキストバナー広告・リッチメディア広告・コンテンツターゲティング広告などがあります。
・ バナー広告とは、ウェブページ上に、画像やテキストを貼り付けるタイプの広告
・ リッチメディア広告とは、テキストや静止画だけでなく、動画や音声などデータ量の多い技術を利用した広告
・ コンテンツターゲティング広告とは、広告対象商品・サービスに関わりの深い話題(=コンテンツ)を提供するウェブサイトに掲載される、クリック課金型の広告。
・ テキストバナー広告とは絵がついていないテキストだけの広告
Eメールに掲載される広告は、メール広告・ターゲティングメール広告・メールマガジン広告・オプトインメール広告などがあります。
・ メール広告とは、電子メール(Eメール)に掲載される広告
・ ターゲティングメール広告とは、広告したい商品やサービスの内容に応じて、配信対象者の年齢、性別、興味項目など複数の属性を絞り込んで配信できるメール広告
・ オプトインメール広告とは、広告メールを受け取ることを承諾している人に送信される広告
・ メールマガジン広告とはメルマガ広告とはメールマガジンの記事と記事の間や、ヘッダ部に5行程度で表示される広告
検索エンジンに表示される広告は、検索エンジン広告・アドワーズ・オーバーチュアなどがあります。
・ 検索エンジン広告とはGoogleやYahooなどの検索エンジンの、検索結果画面に掲載されるクリック課金型のインターネット広告
・ アドワーズとは「Google」が2002年9月から始めた新たな広告
・ オーバーチュアとは「Yahoo!」が提供する、オークションによって掲載金額や順位が決まるキーワード広告
携帯電話に掲載される広告にはモバイル広告があります。このようにインターネット広告にはいろいろあり、料金体系もいろいろな方法がとられています。
その方法とは、広告の露出回数で費用が発生するインプレッション保証型広告とか広告のクリック数で費用が発生するクリック保証型広告・PPC広告とか広告からの最終成果数で費用が発生する成果報酬型広告(アフィリエイト広告)などがあるのです。

 

 

インターネット広告

 

Contact information

おすすめサイト