what's-webコンサルティング


検索連動型広告

検索連動型広告とは検索エンジンで検索されたキーワードに連動しいて,検索結果ページに掲載されるテキストの広告のことです。
ユーザーのほしい情報が検索される瞬間、的をしぼってキャッチできるので,ほかのインターネットの広告より高い効果を期待できるのです。
基本クリック保障型の料金体制なので、わずかな予算でも出稿できるうえに管理しやすい為、インターネットの広告市場が低迷期だったのにもかかわらず急速に成長してきたのです。
日本では検索連動型広告に使われている金額は、約930億円これは、2006年の話であり今はもっと金額は上がっているのです。
基本の検索連動型広告のクリック単価は入札制となっています。始めに表示させたいキーワードを指定してから,その広告がクリックされたときに支払えるクリック単価を入札します。
複数の人が同じキーワードに入札していると,広告は入札価格の高い順に並んでいくのですがクリック率も考慮される場合もあるのです。
クリック単価はキーワードによってはだいたい10円未満に抑えられるが人気のあるキーワードはクリック単価が1,000円以上にまで上がっているので,掲載順位をめぐっては1円単位の戦いになっているのです。
多くクリックを得るには,クリック単価を1円でも高く入札して広告を上位に表示させる必要があります。
ただし,ブランドの認知率やイメージがあり優位なら,クリック単価をあえて抑えて広告を最上位に表示させないほうが、費用対効果が上がるのです。


 

 

インターネット広告

 

Contact information

おすすめサイト